看護制度委員会親ページへ

看護制度委員会は、准看護師制度に関する事項を協議することを目的として、保健師1名、助産師1名、看護師2名、准看護師2名で構成する委員会です。

メンバー

担当理事 河村直江
委員長 中村美紀
委員 清水朝来子 三村晶子
山中知子 牟田 薫
佐伯哲代

平成28年度活動計画

  1. 准看護師養成課程の看護師養成課程への転換を勧める。
  2. 准看護師の看護師資格取得を推進する。

平成27年度委員会活動

  1. 准看護師のつどいの開催
  2. 看護師へのステップアップリーフレット作成配布 看護師へのステップアップ リーフレットPDF(4.08MB)
  3. 准看護師の進学に関する意識調査の実施
    1.調査目的准看護師の現状を把握し、看護師養成課程への転換に向けた活動の基礎データとすることを目的とする。

     

    2.調査方法

    1)調査対象

    平成27年度に山口県看護協会会員である准看護師が所属する施設の看護管理者及び施設に所属する山口県看護協会会員である准看護師

    施設数:92

    対象者数:看護管理者 92名

    准看護師  700名

    2)調査方法

    調査は、無記名自己記入式調査票「看護管理者用調査票」及び「准看護師用調査票」を施設に郵送し、准看護師には看護管理者から調査票を手渡す。記入後の調査票は、各自で回収用封筒へ入れ密封し、看護管理者が、看護管理者用調査票、准看護師用調査票全員分をまとめ、郵送により返送する。

    3)調査の期間

    平成27年8月27日~平成27年9月25日

     

    3.調査結果