看護制度委員会親ページへ

看護制度委員会は、准看護師制度に関する事項を協議することを目的として、保健師1名、看護師3名、准看護師2名で構成する委員会です。

メンバー

担当理事 出見知子
委員長 西村容子
副委員長 槇峠 葵
委員 重村友美 福重奈月
松本はる美 向井美智子

令和2年度活動計画

1 活動目標

{1)看護制度における課題を抽出する。

{2)看護職に期待される役割や活動について検討する。

{3)准看護師の質向上と看護師資格取得を推進する。

2 委員会開催

7回程度

3 活動内容

(1) 看護学校教員と話し合いの場を持ち、教育現場の情報共有や課題抽出を行い、情報提供や課題解決に向けての継続的な方策について協議する。

(2) 専門分野の教育を受けた看護職(専門看護師・認定看護師・特定行為研修修了者)の交流会を行い、役割、活動内容等について検討する。

(3)前年度の准看護師研修交流会のアンケート結果をもとに、受講者に必要な研修を実施する。

 研修内容:准看護師へのスキルアップ研修及び看護師資格取得支援のための交流会開催

  ①インターネット配信研修

   研修名:感染予防の基本、誤嚥を予防する食事介助の基本

  ②ナースセンターによる看護師資格取得方法の紹介

(4)広報活動

 会報「きらめき」・ホームページへの活動報告