看護制度委員会親ページへ

看護制度委員会は、准看護師制度に関する事項を協議することを目的として、保健師1名、看護師3名、准看護師2名で構成する委員会です。

メンバー

担当理事 鈴川実紀
委員長 向井美智子
委員 福重奈月 松本はる美
西村容子 重村友美
山中聖美

令和3年度活動計画

1 活動目標

1)看護教育について看護職・看護教員と情報共有し課題解決に取り組む。
2)准看護師の資質向上を図るとともに進学に向けた支援方法を検討する。
3)看護専門領域の資格取得者との連携強化を図る。

2 委員会開催

7回

3 活動内容

1)看護教育について看護職・看護教員と情報共有し、課題解決に取り組む。
⑴ 前年度に実施した看護教員へのアンケート結果から、課題を抽出し課題解決に向けた意見交換会を行う。
⑵ 看護基礎教育4年制化を推進していくために、先駆的に4年制に移行した看護学校講師
による研修会を開催し機運を高める。

2)准看護師への支援
⑴ 県内COVID-19感染症クラスター発生とその対応を踏まえ、感染管理について研修を行う。
⑵准看護師養成所教員へのアンケートを実施し、学生の進学に影響を及ぼす要因を探る。

3) 看護専門領域の資格取得者(専門看護師、認定看護師、特定行為研修修了者等)との連携強化を図る。
各分野の認定看護師の連携を深めるための、役割・活動内容について検討するとともに、連携・協働に向けた意見交換会を行う。