萩支部親ページへ

役員・委員紹介

dsc01364

支部長 後根恵美香
副支部長 佐々木典代 小西 恵
幹事 藤本三見 (会計) 河野恵理香 (庶務)
大島裕子 (保健師職能委員・広報・渉外) 新堀ひとみ (看護師職能委員)
梶永智子(教育委員) 佐々木公恵
(まちの保健室)
露繁巧江
(まちの保健室)
藤川弘子(広報・渉外)
職能委員 金田妙子 山野穂高
中村麻衣 三村晶子
教育委員 田中里沙 宮本沙織
溝口賢一 板井香揚子
和田明菜
推薦委員 保賀由紀子 金田妙子
渡邉千尋
選挙管理委員 大谷美紀 阿武佐奈恵
岡 百合人

事業報告

令和元年度事業報告

事業計画

令和2年度事業計画

【平成29年度の萩支部活動報告】

【研修会】

①一般教育研修会

日時:平成29年12月2日(土)13:30-15:30

場所:萩市地域医療連携支援センター

講師:(財)生涯学習開発財団 認定コーチ 初級カウンセラー 温品 富美子先生

内容:「相手に届く、伝える、発信の仕方~学ぼうコミュニケーション技術~」

参加者:48人

感想:コミュニケーションをとる上で、まず自分と相手は「違う人」であるということを認識することが大切であり、「先入観」を捨て、相手の立場を理解して、共感する思いやりの気持ちを持って対応することが、相手との信頼関係に繋がり、よい人間関係が築けるということを改めて実感しました。また、伝わっているコミュニケーション情報を全部で100%とすると、ことばから伝わるものは7%で、大部分は、話し方や表情などの伝え方が占めると知り、話やすい環境づくりと共に、笑顔で接することが何より大切だと学びました。よい笑顔でコミュニケーションがとれるよう、「ウイスキー」(表情筋を鍛えるためのことば)を合言葉に日々の生活に生かしていきたいと思います。

②三職能合同研修会

日時:平成30年1月20日(土)13:30-15:30

場所:都志見病院

講師:NPO法人グリーフケアサポート山口代表 山根 和子先生

内容:「グリーフケア:看護職に望むこと」

参加者:38人

感想:大切な人や大切な何かを失った体験からくる悲しみや苦しみ、怒り、無気力感などのさまざまな感情をグリーフといいます。「心の傷(痛み)」を癒すために、グリーフを抱える人が生きていくための、前に進む力を取り戻すための支援の仕方や、グリーフサポートやまぐちの活動内容について知ることができました。地域や職場、医療の現場などで、出会った際には、寄り添い、必要な支援に繋げていきたいと思います。

【まちの保健室】

まちの保健室は、保健師・助産師・看護師の3職能が協力して開催し、29年度は、ザ・ビッグエクストラ萩店で、買い物客を対象に、血圧測定や体脂肪測定のほか、健康相談を行いました。また、11月には、「萩ふるさとまつり、萩時代まつり」にあわせて、萩市民館ロビーにて「国際助産師の日」「いいお産の日」をPRするとともに、血圧測定、健康相談を実施しました。多くの方が家族連れで参加されました。