看護師職能委員会親ページへ

メンバー

Ⅰ部会
委員長 折込沙世
委員 杉山洋子 藤井和美
台健太郎 田中英美
池本清美
Ⅱ部会
部長 井上智恵美
委員 藤島薫 村上裕美
谷村智子 綿谷立子

平成30年度活動計画

1 活動目標

(1)よりよい看護が提供できるよう看護師職能が抱えている問題を明確にし、検討・改善を図る
(2)日本看護協会・山口県看護協会支部との連携を図り、問題を解決する
(3)健康で安全に働き続けられる職場づくりを推進する
(4)働きやすく、やりがいのある職場環境の改善を支援する

2 委員会開催予定回数

(1)Ⅰ・Ⅱ合同看護師職能委員会          12回
(2)支部職能委員委員長合同会議          2回(9月、3月)
(3)全国看護師職能委員長会議(看護師職能Ⅰ・Ⅱ) 1回(8月)
(4)地区別看護師職能委員長会議          1回

3 活動内容

(1)調査・研究活動
看護師職能Ⅰ
クリニカルラダーの活用状況の把握と普及にむけた調査
目的: 日本看護協会JNAクリニカルラダーの活用・普及が推進にむけた取り組みがなされている。県内各施設(病院146施設、訪問看護ステーション)における看護師のクリニカルラダー活用・進捗状況や活用推進にむけた課題を把握する。
(2)連携強化および意識向上のための取り組み
看護師職能Ⅱ
Ⅱ領域で働く看護職の実態と課題についての調査結果に基づき交流会を開催
(3)職能委員会活動の周知啓発活動
・広報紙「きらめき」、ホームページ、Ⅱ部領域の活動ちらし等の効果的な活用
・支部職能委員会との連携強化、情報共有
(3)職能集会、職能活動   
・看護師職能集会     年1回(平成30年7月1日開催)
・3職能合同集会開催
テーマ:「生活」と保健・医療・福祉をつなぐための看護職の役割
    ~住み慣れた地域で暮らし続けるために~
基調講演   講師:日本看護協会 副会長 齋藤 訓子氏 
 ・日本看護協会、山口県看護協会との連携