助産師職能委員会親ページへ

助産師職能委員会は、助産師職能上の問題を審議し、会長に助言することを目的として活動する委員会です。助産師の資質向上や助産師活動の課題等を協議し、県民の公衆衛生の向上を目指しています。

メンバー

委員長 大林幸恵
委員 中川可奈子 益田友美
浅村幸子 山本純子
宗内陽子 藤本富美江

令和2年度活動計画

1 活動目標

⑴助産実践能力の向上

⑵包括的母子保健推進における看護機能の強化

⑶災害時における周産期の体制整備と連携強化

⑷助産師ネットワークの強化

⑸広報活動の推進

2 委員会開催

⑴職能委員会 7回

⑵支部職能委員長合同会議 2回

3 活動内容

⑴助産実践能力の向上

 ①新人助産師研修の企画、運営、評価

 ②助産実践能力向上研修の企画、運営、評価

 ③教育委員会の研修計画参画

⑵包括的母子保健推進における看護機能の強化

 ①出産環境の体制整備

  助産師出向支援導入事業の推進(助産師出向システムの周知徹底)

 ②産後ケア事業の推進:研修開催

  助産師、行政側からの双方の意見、県内のあり方、連携の把握

⑶災害時における周産期の体制整備と連携強化

 ①看護管理者会議

 ②災害対策状況の把握:各施設の備蓄等の一覧表を作成、不足しているものの補填

 ③周産期防災マニュアル、災害時の対応や訓練状況についての情報共有

⑷助産師ネットワークの強化

 ①助産師職能集会開催

 ②支部合同会議2回開催

 ③中国四国ワークショップへの参画と県内助産師の参加推進

⑸広報活動の推進

 ①「国際助産師の日」事業推進

 ②ホームページ・会報「きらめき」の活用

研修報告

令和2年度 研修報告一覧令和元年度 研修報告一覧平成30年度 研修報告一覧平成29年度 研修報告一覧平成28年度 研修報告一覧平成27年度 研修報告一覧平成26年度 研修報告一覧